都電6063・乙2
文京区神明都電車庫跡公園に保存、2006年に整備された
撮影日2007年4月6日




ナンバーの字体は相変わらず細めだ。



乙2も再塗装された


コントローラーとハンドブレーキだけのシンプルな運転台
表記もきちんと書かれている。


ビューゲルは荷台部分に溶接されている。






以下は2018年4月30日撮影



塗装に疲れが出ている。






扉は色合いが違うので部分補修したのかもしれない。






一方の乙2は木製部分が何箇所も壊れていて危険な状態。


運転台側面が腐食のためか抜け落ちている。


こちら側も外れていていつ壊れるか分からない。








台車軸受けのBRILL刻印。


乙2脇の消火栓、これを電車車庫当時からのものと紹介している本があるとか。
設置場所からして間違えと思われる。






以下は2019年2月24日撮影







乙2のこちら側の運転台側面は全く無くなっていた。


柱は自然に折れたのだろうか、危険と判断され外されたのだろうか。










フェンスにポストが掛けてあった。
車庫跡公園再整備についてのアンケート回収用だった。


用紙の見本がラミネートして下げてあった。
区役所みどり公園課発行で、2019年5月に意見交換会を行うとも記載してある。


用紙は近隣に直接配布されたようで、ここにも隣接の区民集会所にも白紙は用意されていなかった。


以下は2019年5月17日撮影

公園整備工事の意見交換会日程が掲示されていた。








こちら側はヘッドライトが外れてしまっていた。




乙2の運転台も傷みが進んでいる。






この場所の地図


都電メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東京 掲示板

広告ポリシー