都電6080

北区王子の飛鳥山公園に保存
長らく荒れ果てていたがD51853とともに2005年に整備された。

撮影日2005年6月11日




以前は露天で窓ガラスも欠落が多く、悲惨な姿だったがここまで美しく整備された。


ヘッドライト、テールライトは残念ながらアクリル製。


各種表記も丁寧に書かれている。


シートは復元されていない。床は張り直された様子だが中央部が垂れ下がっている。


前後の運転台ともコントローラーも整備され、ゴングも鳴らせるようになった。


電車の前にある人魚さんの像も手入れがされたようだ。



2003年の荒れ果てた様子はこちら。

この場所の地図


整備されてから2年、2007年4月花見で賑わう飛鳥山にまた行ってみた。
撮影日 2007年4月

ヘッドライトが欠損しているが、他は変っていないように見えるが・・・


側面窓ガラスはすべて撤去されていた。


正面窓もガラスではなくアクリルになっていた。
このままではまた以前のように荒廃してしまわないか、かなり気がかりだ。


以下は2011年9月28日撮影

車体、台車ともつやのある状態で外観は良好だが、客室部の窓ガラスはすべて無いまま。


以前のように荒廃していないのがなによりだ。


以下は2015年11月28日撮影

大きな変化はないが側面の一部が補修されたようだ。




ゴングの引き紐は外されていた。




以下は2018年11月11日撮影

ところどころ塗装がはがれていた。




こちら側はかなり塗装がはがれている。一部色が薄いのはこれから上塗りするのだろうか。




人魚像は表情が変わっていた。


都電メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東京 掲示板

広告ポリシー