東急車輛横浜製作所公開

2012年4月よりJR東日本に経営移管された東急車輛工場。
2月に物販中心ながら最初で最後の一般公開が行われた。
撮影日 2012年2月25日


デハ5201の傍らにはステンレス車両発祥の地の記念票が立てられていた。


前照灯、急行灯を点灯。


デハ7052もライトを点灯。


佐久間レールパークで展示されていた東急車輛製21-2023前頭部が移設されていた。






2両の構内入換用DLも販売会場脇に停められていた。


神奈川臨海鉄道から譲渡されたDD5515。




セミセンターキャブのD-502。


DD5515ともに工場側のエンドには折りたたみ式のアームが付いている。
台車もTR41を思わせる機関車には珍しいタイプ。


工場事務棟には外に向けてこんな展示も。


何気なく置かれていた仮台車を良く見れば、なんと松葉スポークの骨董品。


工場入り口の3線区間、右側に架線電圧表示が見える。


入り口のフェンスも鉄道用レールを使用、ゲージは何と762mm。


道路沿いの試運転線のミニデッドセクション。


東急メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板

広告ポリシー