梅小路公園の京都市電保存車
2001号

2014年3月8日にリニューアルオープンした梅小路公園の西側、七条入口広場で案内所として使用。
撮影日 2014年3月15日


案内所の開所は土休日の10〜16時。


訪問時は設置されてすぐで、整備後の美しい状態だったが、露天なのでいつまでこれが維持できるか・・・


1964年製造の京都市電最後の新車で最初のワンマンカー。
6両製造され市電全廃まで活躍、その後2002〜2006は伊予鉄道に譲渡、2001が保管されていた。






方向幕が無いのは残念、せめて白幕でも出してほしいところ。




コイルバネのKL−11台車。


吊り手は破損防止のため上に跳ね上げてある。




車内には市電の写真を展示、案内カウンターも設置されている。




川村様より2点画像ご提供いただきました。
撮影日 2014年7月17日

「塗装に剥がれもなくとても綺麗で保存状態は最良好でした!
石畳に敷かれたレールに載せられており、レールの両端には輪止めが設けられています。
私が行った日は案内所の休館日だったようでドアは施錠され、スタッフの姿はありませんでした。
暑さを凌ぐためネコちゃん数匹が車体の下でくつろいでいました(笑)」


方向幕には「梅小路公園 総合案内所」と入っている。


以下は2015年8月12日撮影

少々つやは落ちたものの良好な状態だった。




車内も大きな欠損は見当たらなかった。







この場所の地図

梅小路公園の市電保存車メニューへ
京都市電メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板