日の丸自動車 法勝寺線
フ50

前々世紀1887年英国バーミンガム製の古典客車。
米子市元町商店街の一角に保存。
撮影日 2003年8月4日






アーケードの商店街の一角に大切に保存されている。
上回りは原型を残していないとはいえ、この車両が残されている意義は大変大きい。








妻の窓からデジカメで撮影。

この場所の地図

フ50保存場所のすぐ近くに山陰の鉄道ミニ博物館「米子れいるろうど館」がありナンバープレート、
ヘッドマークなどが展示されていましたが2006年3月閉鎖されました。


以下は2013年5月25日撮影

2011年に鳥取県保護文化財に指定され、案内看板も新しくなっていた。








北側の道路からも良く見えるようになっていた。


妻窓のガラス越しに撮影。


10年ぶりの訪問、車両の状態は良好だったが、商店街は衰退が進み、アーケードは撤去、
営業している店もほとんど無くなっており、道路の舗装がレンガ風なのが商店街の名残のようだった。


以下2017年10月14日撮影
後藤工場公開の後、米子駅に戻る道すがら立ち寄った。
たしかこのあたり、と道をたどってゆくと屋外イベントで音楽が鳴り響いていた。
ハフのいる公園がイベント会場になっていた。

裏手の道路から。状態は良好。




ハフの前に仮設トイレが設置されていた。


裏手にステージが設けられていた。
米子映画事変というイベントでローカルヒーロー「ネギマン」が活躍する特撮など自主制作映画の上映などが行われた模様。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー中国・四国 掲示板

広告ポリシー