北海道ワイン小樽醸造所の保存車

D51 286

小樽市街から5kmほど山の中腹のワイン工場駐車場に保存。
製造後から函館本線を中心に北海道で最後まで活躍した一両。
撮影日 2015年7月1日


59614と重連を組みスハフ44を2両従えた堂々たる姿。


全体の状態はさほど悪くないが、ヘッドライトが無くナンバーがペンキ書きなのでちょっと冴えないお顔。


定期的に整備を受けているようで状態は悪くないが、汽笛、安全弁などが欠落している。




テンダのナンバーは省略?




足回りもペイントされている。


密閉キャブ、窓枠も傾いているが残っている。




D51286履歴
「機関車表 フル・コンプリート版」沖田佑作氏より引用
1939-9-21 川崎重工兵庫工場 製番2192
札幌局配属
1939-10-4配置 函館
1939-10-6使用開始
1960-2-23運転室特別整備
1964-10-1五稜郭
1967-4-5小樽築港
1972-12-8追分
1973-3-10借入 鷲別
1973-4-11返却
1975-12-3廃車 追分
1976-10? 保存


この場所の地図
路線バス無し、南小樽からタクシー利用。

北海道ワイン小樽醸造所


北海道ワイン小樽醸造所の保存車メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板