ヘッドマークコレクション

列車の前頭部に掲げられるマーク、それがあるだけで特別な列車になる。
定期列車、イベント列車、保存車などのヘッドマーク、テールマークを紹介してゆきます。
定義としては行先表示以外の列車愛称名、車両愛称名、イベント名などを前面または後尾に提示しているものとします。

第38回 2016・7・10UP


彦星



2010年6月29日 十和田観光電鉄 十和田市
七夕のひこぼし、おりひめといえばかつての東武の赤城急行、最近では京阪の交野線直通がありましたが
こちらは七夕にちなんだ定期列車を使ったイベント。
途中駅七百で交換する2列車を彦星、織姫に見立ててヘッドマークを付け車内には短冊が飾られていました。
この日は運転初日で彦星は見られましたが、織姫はまだ準備中?でした。
前後でお顔が異なる7200形のヘッドマークもお顔の向きが異なりました。


メニューへ  事業者別メニューへ

TOP 日本国有鉄道のころ 私鉄を訪ねて 路面電車が走る街 掲示板