ヘッドマークコレクション

列車の前頭部に掲げられるマーク、それがあるだけで特別な列車になる。
定期列車、イベント列車、保存車などのヘッドマーク、テールマークを紹介してゆきます。
定義としては行先表示以外の列車愛称名、車両愛称名、イベント名などを前面または後尾に提示しているものとします。

第129回 2018・4・15UP




2018年4月8日 真岡鐵道SLキューロク館

静岡で保存されていたものの一旦は市が解体を決定、鉄道OBやファンの粘り強い取り組みにより譲渡へ変更となり、
真岡鐵道が名乗りをあげ移設、奇しくも長万部配置時代に出入りしていた函館に縁のある49671、スハフ44 25と並んで保存されました。
その後空気式動態復活整備が行われて、シンプルな手作りヘッドマークと付けて晴れてお披露目式が行われました。


メニューへ  事業者別メニューへ

真岡鐵道メニューへ

TOP 日本国有鉄道のころ 私鉄を訪ねて 路面電車が走る街 掲示板