江ノ電1980・12
その3腰越〜江ノ島・湘南モノレール

江ノ電ならではの併用区間を撮影して江ノ島へ。帰りはモノレール初乗車。
撮影日1980年12月30日


腰越を出て併用軌道に入った355-305。




鎌倉行き552-502。




腰越駅を出た1002−1052。






352−302。


注連飾り、門松を売る露天が出ている。


前方注視する車掌さん。


551−502が江ノ島へのカーブをうねってゆく。






江ノ島で交換した355−305が道路に出てくる。





藤沢行き1001−1051。




龍口寺前を通過。


入れ違いに鎌倉行き1052−1002がやってきた。


江ノ島留置線の108。


さよならマークに重ねて旧字体の藤澤行先板を付けている。






留置線には301−351も休んでいた。


551−501は江ノ島に到着。


551、301、108、1970年代までの江ノ電といえばこの車両たち。


801の藤沢行きが到着。
江ノ電撮影はここまで、湘南モノレールの湘南江の島駅


大船、開業以来の300形。


300形は2編成だけ3連だった。



大船から横須賀線へ、各駅の入場券を買いに行った。

前後をトンネルに挟まれた田浦駅。


江ノ電メニューへ

TOP 私鉄を訪ねて 路面電車の走る街 掲示板