東山動植物園
スカイビュートレイン

東山動物園内を周回するミニモノレール。1987年の開園50周年に開業。
1964年から1974年まで営業していた地方鉄道の東山モノレールの跡を一部トレースしている。
遊戯物扱いだがラケット状の路線延長は1.5kmを越え、駅2箇所、
一周所用時間約20分、5両編成3本とかなりの規模を持つ。
撮影日 2017年12月1日


東山口から入場すると、すぐに高架のループがある。
右側が正門駅でかなりの高さがある。


正門駅ホームから、路線の半分ほどは複線形式になっている。
なぜか線路間隔がもう1本敷けそうなくらい開いている。
望遠効果もあるが、カーブが直線をつなげたように見えるが、これも遊戯施設ならでは?


動物園舎の上を走るので車窓からの眺めはなかなか良い。


左は東山スカイタワー。


先頭車はやはり人気で家族連れで満員、最後部に乗車。
運転機器にはカバーがかかっていた。


植物園駅、料金は片道と一周があり、一周券は途中下車できる。


植物園駅では数分停車していた。
時刻表はなかったがこの日は1本での運転で、だいたい20分毎の運転だった。


紅葉をバックに上池のほとりを行く、全国のモノレール路線でもこれだけ自然が楽しめる路線はないだろう。




左手奥が植物園駅、右手にかつて動物園と植物園を結んでいたモノレール保存車が見える。




ここから池の南側に沿う区間は東山モノレールの路線跡。
さわにそれ以前は湖畔列車というミニ列車が走っていた。


湖畔列車の案内看板。この手のミニ列車はバッテリー式が多いが、ビューゲルを立てた架線式。


正門駅に戻ってループを回ってゆくところを撮影。
列車の後ろが東山公園駅。




このあたりに車庫への分岐がある。




正門駅のループの向かい側には車庫があり、1、2編成が休んでいた。


東山動物園
開園時間 9:00〜16:50(入園16:30まで)
休園日 月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始
入園料 500円
こちらの動植物園公式ページにはスカイビュートレインの記載はなく、訪問するにあたって料金など分からずに困った。
敷地内にありながら動植物園と遊園地は別扱いで、東山公園協会ページにスカイビュートレインの案内がある。

スカイビュートレイン
運転時間 9:00〜16:20
料金 片道300円 一周500円(途中下車可)

TOP 遊覧鉄道メニュー 掲示板