伊勢線・名松線・参宮線乗りつぶし
1980・3

当時住んでいた名古屋から近いにもかかわらず未乗だった3線に乗りに行った。
近鉄内部線撮影の後終点から南四日市まで徒歩移動。
撮影日 1980年3月17・18日


南四日市245D キハ40 2027+キハ47。




南四日市で入換をする専用線DL。






津、127Dキハ35 84+キハ35。


「つ」の駅名票が見える。バンパー装備のキハ55 224+キハ30 44。




伊勢奥津に到着した429D、434Dで折り返す。キハ55 257+キハ30 8。


通勤形と準急形混結の当時の国鉄ローカル線らしい編成。


伊勢奥津構内末端部には軌道自転車がいた。


この日は松阪の大学友人宅へお世話になった。

以下3月17日撮影
近鉄で池の浦下車、徒歩で参宮線の有名撮影地へ。

松下〜鳥羽キユニ26先頭の850D あいにく干潮で船溜まりに水がなかった。


急行編成の2847D 参宮線は近鉄に乗客を奪われていたものの5連の急行も走っていた。


鳥羽 2856D

TOP 日本国有鉄道のころ 掲示板

広告ポリシー