丸瀬布いこいの森
10t移動機

国鉄丸瀬布駅で貨車の入換に使用されていたラッセル装備の移動機。
この手の移動機は協三工業製が多いが、北陸の佐藤工業1961年製という。
撮影日 2017年9月9日


案内看板には昭和32年とあるが、これは初代移動機の配置日だろうか。


足回りを可動式ラッセル羽が固めている。


単純な片寄せ式ではなく、かなり複雑な構造だ。


連結器がラッセルに当たらないよう張り出して取り付けてある。


足回りの緑色のガードは雪対策だろうか。


前後のラッセル羽の間にロッドが見える。
羽の操作用だろうか、小型エアタンクも装備している。




この場所の地図
バス利用の場合は丸瀬布駅前より町営バス丸瀬布上武利線でいこいの森下車 一日3往復

遠軽町公式いこいの森サイト
開園期間 4月下旬〜10月下旬

雨宮21号運転日
いこいの森開園期間中の土・日・祝・夏休み期間
始発10:00 最終16:30 30〜60分毎運転(状況により変化)
乗車料金 500円
イベントで冬季運行、夜間運行など有。

郷土資料館
開館期間 いこいの森開園と同じ
休館日 火曜(祝日の場合は翌日)
開館時間 9〜17時
入館料 150円


遊覧鉄道メニューへ

丸瀬布いこいの森メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板