神戸市交通局
名谷基地公開2015・10

地下鉄車両基地に市電が保存されている。毎年鉄道の日イベントで10月下旬に公開される。
撮影日 2015年10月25日



705

808

91・760前面

展示物


車両基地奥の市電保管庫に808、705の2両とカットボディ、台車、部品、器具などが展示されている。


洗車器体験で構内を往復していた3124編成。


1000、2000、3000が並ぶ構内。


海岸線で使われたヘッドマーク。


三宮をイメージしたNゲージレイアウト。


保守車両が並んでいたが、全部に案内看板などがなかったのが残念。






架線作業車。


電気作業車。


マルタイが走行中。


体験乗車で満員のお客さん。


検修庫の1102と1110。
1102編成のうち4両は1977年地下鉄開業時からの車両、2018年には引退予定という。


洗車体験乗車口、方向幕はかつて運転されていた快速表示。


山手・西神線開業のヘッドマーク、同じデザインながら車両番号はそのときの増備車になっている。


ボンネットバス、こべっこ2世号(2はローマ数字)。




終了間際で人がいなくなったところで再度撮影。


一般に4は忌番として避けられるが神戸市は気にしていない様子。




ISUZUのエンブレム。


リベットにHゴム窓。


これが何と1993年製とは驚き。トラックシャーシにワンオフ手造り車体を乗せたもの。
エンジンは環境負荷の低いCNG、冷房装備というから外見からは想像できない。


市電から引き継いだ独特の書体のナンバー。

TOP 私鉄を訪ねて 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板