南海電気鉄道1980・2
その4 新今宮・萩ノ茶屋

一日おいて南海軌道線を訪問する前に複々線区間で少し撮影。
予備知識が無く萩ノ茶屋ホームから下を見たら・・・ホームにいる分には大丈夫だろうと思った。
撮影日 1980年2月24日


新今宮 モハ22024急行難波行き


6200系区間急行三日市行き


萩ノ茶屋 6100系各停難波行き


泉北高速クハ3504、泉北3000系は南海6200の同系。
南海はオールステンレスだがこちらはセミステンレス。


南海線7100系との併送。


南海線1001系特急と泉北3000系の併走。


1001系特急四国、和歌山港で徳島行きフェリーに連絡している。


非冷房の6000系。


22000系急行。


これも非冷房の7000系普通和歌山市行き。


回送のキハ5500+5550。


22000系急行高野山行き




6200系区間急行難波行き。


6000系各駅停車難波行き。


7000系を流してみた。


7100系急行難波行き。




6200系準急難波行き。


7000系普通と6100系準急、7000系は非冷房だが前面に行先幕が設置されている。


2枚窓の前面に○急マークが良く似合う21001系急行。


21001系急行、南海線は新今宮を南紀直通きのくにが発車。


キハ5500+5550きのくに10号。


当時国鉄急行ヘッドマークは千葉、北陸、四国のみになっており、
ヘッドマーク付きを撮りたくてここで撮影していたようだ。


四国連絡ではない和歌山市発の特急表示1001系、


地平時代の天下茶屋、駅舎側ホームには天王寺線の7000系。

ここで南海線に乗り換えて住吉へ、軌道線を訪問した。


南海電気鉄道メニューへ

TOP 私鉄を訪ねて 掲示板