DD14 332

新潟市新津鉄道資料館に保存。2015年7月に搬入、同年10月から公開された。
撮影日 2015年11月13日


豪雪地帯で活躍したロータリー除雪ディーゼル機関車、新潟にふさわしい保存車だ。


先端のロータリーヘッドの形状と色からファンからザリガニの愛称で呼ばれていた。




突き出したウイングで雪をかき寄せるマックレー車の機能を持ち、蒸気機関車時代のキマロキ編成を1両で実現した。


反対側はアメリカ形を思わせる長いエンジンルーム、ヘッドライトはシルドビーム2灯に改造されている。




雪のない時期はラッセル式のDD15とともに重連で羽越本線の定期貨物列車も牽引していた。








ロータリーヘッドにも番号と銘板。




この場所の地図

履歴
「機関車表 フル・コンプリート版」沖田佑作氏より引用
1977-10-27 川崎重工兵庫工場 製番394-4046
新潟局配属
1977-10-27長岡
1982-3-31現在 長岡
1987-4-1JR東日本 長岡運転所
2008-3-3現在 長岡車両センター(直江津常備)
2015廃車 長岡車両センター


新津鉄道資料館メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板