富士急行下吉田駅 ブルートレインテラス
スハネフ14 20

2011年4月オープン、特急「富士」ゆかりの車両ということで興し入れしたスハネフ14。
撮影日 2011年8月16日




14系寝台客車は富士急とは縁がないが、寝台特急「富士」つながりで富士山を望む下吉田駅に保存された。
案内板にもあるようにスハネフ14 20は「富士」には使われなかった。


ホームから撮影。




専用のホームが設けられている、見学は入場券100円が必要だが電車利用の場合はそのまま入場できる。






検査表記は富士急工。


室内は当時のまま。





最長運転だった西鹿児島行を表示。


元パノラマエキスプレス・アルプスのフジサン特急がやってきた、国鉄形同士の出会い。




以下は2017年





奥にクモハ169のカットボディが設置された。


富士急行下吉田駅ブルートレインテラス公式ページ
開放時間  午前10時〜午後4時
休園日  毎月第1月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)
入園料    おとな・こども100円
車両開放時間  毎週土休日 午前11時〜12時と午後13時30分〜15時30分


下吉田駅ブルートレインテラスメニューへ

富士急メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板