C12 241

南阿蘇鉄道 高森駅前に保存
撮影日 1989年8月30日

2020年9月追記
移転しました。


保存時に付けられたという門デフはC5765から移設されたK-5タイプを切り詰めたもの。


以下は2015年4月20日撮影

実に26年ぶりの訪問。
機関車の状態はさほど変化していなように見える。




デフは切り詰められただけでなく、上部がなぜかカットされて枠だけになっている。


九州のタンクに見られた炭庫の通風口。
キャブは公開していないため、ハシゴの手すりが無くなっている。


助士側は目立たないためか、ハシゴの手すりはそのまま。プレートが紛失している。


湾曲しているK-5タイプの様子が良く分かる。


動輪はじめ各車輪の下には油の染み、定期的に油で磨かれていることが分かる。


刻印も鮮明に見て取れた。






この場所の地図(移転しました)

C12241履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1940-7-22 日立製作所笠戸工場 製番1268
仙台局配属
当初配置不明
1955-8-1現在 鹿児島
1969-3-31現在 鹿児島
1970-7-20全検
1973-3-28熊本
1974-7休車
1974-8-18廃車 熊本
1974保存 高森町
2020-9移転


門デフ資料館へ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー