「門デフ」資料館


1973年8月22日 日南線大堂津 
燕号様ご提供

鉄道ファン誌1970年4月号 「”門鉄デフ”調査レポート(3)」関 崇博氏の記事より引用に加え、
「モノクロームの残影」談話室にて掲載された情報、雑誌情報を追加。
タイプ未記入は雑誌掲載のまま。
なおタイプはK-7のようにハイフンが入るが、この表では省略。
装備年度は、「RAIL FAN」臨時増刊’71年春「切取り除煙板考(1)」関 崇博氏の
佐々木様の書き込みによるものに、その後の掲示板、雑誌情報等を追加。
配属先、改造年はレイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用。
表末尾にデフ下部欠き取りタイプなどの変形デフ機番号を掲載。
保存機はRM94年1月増刊「日本の蒸気機関車」より引用。
番号の黄色地は画像にリンクしています。

門デフ・変形デフ機の画像はこちらにも大量にUPされています。ぜひご覧ください。
「モノクロームの残影」お気に入り投票 草津給水炭場 「お気に入り切り取り・変形デフ機」

なお「門デフ」の呼称については正確には門司鉄道管理局デフ=小倉工場式デフの略称であり、
下部切り取り式デフの総称ではありませんが、
関レポートのタイトルも”門鉄デフ”となっているため準拠して使用しました。
関氏自身もレポートの中では、小工式、あるいは切取煙除板と表現されており、
”門鉄デフ”とカッコ付きで記載されています。

このリストの内容について、追加、修正の情報ございましたら こちら までお願いします。

提供いただいている画像の著作権は各々の作者に属します。
転用は固くお断りします。


タイプ記号 K(K-1〜10)小倉工場(小工式) KG(KG-1)鹿児島工場
       N(N-1〜3)長野工場(長工式) G(G-1〜7)後藤工場(後藤式)
CH(CH-1)秩父鉄道広瀬河原車両基地
装備年度は確認できたもののみ記入。
2015-4-4更新

形式 番号 タイプ 装備時
配属
装備年度 記事 保存
C61 13 KG1 鹿児島 S29年6月 唯一の鹿児島工場製
C59 124 K9 鳥栖 S37年2月 デフのみ48695に移設
C58 10 G6 浜田 S30年10月
33 G2 釧路 S46年7月以降? 注1 C58385より移設
JNRマーク付き
斜里郡清里町羽衣南児童公園
59 K7 大分
105 K10 大分 S41年4月 大分国体お召し特別整備 大阪共永興業に動輪・プレート
112 K9 大分 S37年2月 志布志市鉄道記念公園
115 K7 大分 S29年7月 動輪片側のみ高千穂町トンネルの駅
175 G1 新見 S32年4月頃 後藤工場標準車マーク付
276 K7 大分 S38年頃
277 K7 大分 S39年4月 大分国体お召し特別整備 小林市緑ヶ丘公園
314 G4 新見 S40年11月頃
350 K7 大分
363 CH1 秩父鉄道 H21年11月 開業110周年イベントで装備
新規作成
秩父鉄道動態保存機
363 K9※ 秩父鉄道 H22年10月 イベントで装備、新規製作 秩父鉄道動態保存機
363 G2※ 秩父鉄道 H25年5月 イベントで装備、新規製作
JNRマーク付き
秩父鉄道動態保存機
385 G2 米子 S32年5月頃 JNRマーク付き
後にC5833に移設
424 K7 大分 S31年9月頃
426 K7 大分 S31年5月頃
427 K7 大分 S31年5月頃
C57 4 N2 新潟
新津?
S34年4月頃
9 K7 鹿児島
門司港?
S30年8月ころ
11 K7 門司港 S29年2月頃 「波にかもめ」装飾(S29−2)後に撤去 豊岡市中央公園 
21 K7 鹿児島 S42年10月 C5524より移設 
鹿児島工場施工
後にC5772に移設
27 K7 鳥栖 S30年4月頃
36 K7 宮崎 S42年7月 C5514より移設
鹿児島工場施工
60 K7 門司港 S31年10月頃
65 K5 門司港 S28年3月頃 九州特急「かもめ」専用機選定時に装備
C12241保存時に移設
72 k7 鹿児島 S46年11月頃 C5721より移設(三代に渡った門デフ)
83 K7 鳥栖 S33年4月頃 名古屋区転属時、前部垂直ステーを追加
100 K7 鳥栖 S29年10月頃 長崎市中央公園
109 K7 門司港 S31年6月頃
111 K7 鳥栖 S33年 S33―4九州内の「お召し」列専用牽引機
112 K7 長崎 S37年5月
116 K3' 熊本 S28年7月頃
117 K7 熊本
宮崎?
S31年8月ころ
S42年10月?
最後のお召し牽引機
C5560より移設
動輪のみ祐天寺
動輪のみ西都城駅前木部様ご提供
130 N3 新潟 S34年5月 S49年の旭川転属後、若干切り詰め 第一動輪のみ旧神居古潭駅跡
第二動輪のみJR北海道旭川支社前
150 K1 熊本 S27年6月頃
151 K3 熊本 S27年10月頃 鉄道80周年記念として「富士山と天女」の装飾、後に片側「阿蘇山」に変更 鹿児島市平川動物園
154 K7 鳥栖 S29年9月 大隈横川駅前に動輪のみ保存
155 K1(K1') 鳥栖 S27年4月 門デフ1号機 新大阪駅構内に動輪とプレート大阪共永興業に動輪
158 K7 鳥栖 S38年12月頃 北九州市大里児童館2005年解体
175 K7 鳥栖 S30年8月ころ
S33年?
宮崎市総合運動公園
180 K7※ 新津 2007年10月 小倉工場のK7図面より新製 JR東日本動態保存機
196 K9 熊本 S37年4月 四次形唯一の切取りデフ装備機
C55 2 K7 大分 S30年3月頃
3 K7
KG2?
宮崎 S33年〜37年 鹿児島式の可能性有
全長が長い
5 K7 大分 S30年1月
6 K7 大分 S30年8月
8 K7 大分 S31年9月
11 K4 大分 S28年1月頃 上部可動式
12 K7 大分 S30年6月頃
13 K2 大分 S27年度 KG1に類似
14 K7 大分 C5736へ移設
15 K7 鳥栖 S31年2月頃 動輪のみ目黒区さつきビル
18 K7 大分 S30年
24 K7 大分 C5721へ移設
26 K7 大分 S31年5月頃
27 K7 大分 S30年8月頃
28 K7 大分 S31年9月頃
29 K7 大分
33 K7 大分
34 K3' 大分 S28年3月〜 帖佐駅前に動輪のみ保存
35 K7 大分 S29年10月
37 K7 大分 S30年11月
46 K7
幅広
大分 S29〜30 大分市中央二丁目・若草公園に53号機として保存
51 K7 大分 S31年6月頃
52 K6 大分 S28年8月 下部取り外し式 吉松町鉄道公園
53 K7 大分 S31年5月頃 大阪共永興業に動輪(?)プレート
54 K7 大分
57 K7 大分 S30年8月頃 動輪のみ福岡県下で個人保管
60 K7 鳥栖 S30年
C51 20 K7 若松 S34年3月頃 48647へ移設
69 K3' 長崎 S28年3月頃?
70 K7 長崎 S30年4月
76 K7 長崎 S31年7月頃
93 K7 長崎 S30年7月頃
151 K7 若松 S31年1月頃 D51537へ移設(ステー追加)
196 K7 若松 S32年7月頃 49692へ移設
242 K3' 早岐 S28年8月頃
253 K3' 早岐 S28年8月頃
261 K7 長崎? S31年1月頃
274 G7 豊岡 S32年 後藤工場標準車マーク付
282 K7 早岐 S29年8月頃 58696へ移設
C50 37 K7 行橋 S33年6月頃 79600へ移設
58 K7 行橋 S29年12月頃 行橋機関区60周年記念展示機関車「波にちどり」装飾
79668へ移設
デフのみ小倉工場に保存
111 K7 行橋 S31年
112 K7 行橋 S31年
117 K7 行橋 S30年頃
138 K7 行橋 S30年頃?
144 K7 行橋 S31年8月頃
C11 49 K7 佐賀 S29年8月頃
53 K7 後藤寺 S29年5月 C11165へ移設
74 K7 後藤寺 S32年12月頃
116 K7 東唐津
後藤寺?
S31年2月
165 K7 佐々 S32年4月頃 C1153から移設
190 K7 大井川
鉄道
H27年12月 C11254で採寸、新規製作
254 K7 佐々 S29年度
S41年?
田島町会津田島駅横
257 K7 佐々 S29年度
S41年?
須恵町皿山歴史民族資料館
260 K7 佐々 S30年2月頃 ドーム角・丸変形機 中間市垣生公園
284 K10 佐々 S42年2月頃 熊本市の蓮政寺公園に保存後解体
第1・2動輪のみ行橋駅前に保存
337 K7 佐々 S31年10月頃
349 K7 東唐津 S31年7月頃
D60 3 K7 大分 S40年3月頃 D50125から移設
21 K7 大分 S41年1月頃
26 K7 直方 S43年2月 D5064から移設
60 K7 大分 S38年11月頃
61 K7 大分 S39年1月頃 芦屋町高浜町児童公園
63 K7 大分 S39年9月頃
64 K7 大分 S39年10月
65 K7 大分 S39年11月頃
67 K7 大分 S39年12月頃
D52 333 K9 門司 S37年3月 前方下部切落とし(S31年頃)の後門デフ化
D51 62 N2 木曾福島 S34年12月頃 北海道に移動後デフ前部切り詰め
95 N2 長野 S34年5月頃 北海道に移動後北海道型デフに改装 新得町新得スキー場入口
109 N2 直江津 S34年
135 N1 新津 S33年10月
187 G5 浜田 S31年10月頃 普通デフで保存 大宮市大宮工場
197 N2 甲府 S32年11月頃
272 K7 熊本 S32年11月頃 小工式デフ装備機唯一のD51保存機 世田谷区世田谷公園
281 N2 甲府 S34年
324 N2 長岡第1 S34年11月 習志野市で保存2002年解体
375 K7 門司 S41年5月
396 N2 長岡第1 S34年10月頃
405 N1→N2 長野 S32年7月頃N1
S33年8月頃N2
松戸市ユーカリ交通公園
473 N2 上諏訪 S33年1月
496 K7 鳥栖 S31年3月頃
498 G3※ 高崎 H22年4月 G3と同形のものを新製 JR東日本動態保存機
499 G3 鳥取 S32年7月 津市偕楽園
501 N2 長野 S32年11月
S34年5月?
537 K7 門司 S38年9月頃 C51151から移設
538 K7 熊本 S31年8月頃
561 N1※ H26年4月 N1タイプを新規作成 川場村ホテルSL保存機
706 K7 正明市
(長門)
S32年9月頃 JNRマークのペイント有
708 N1→N2 松本 S33年6月頃N1
S34年11月頃N2
727 G3 鳥取 S32年10月頃 後に普通デフ化(北海道型切り詰めデフ)
735 N2 長岡一 S34年4月頃 村上市荒川総合体育館
783 K9 門司 S37年3月
795 G5 鳥取 S31年
799 K1 長崎 S27年10月頃
824 N2 上諏訪 S34年 諏訪市湖畔公園
833 G5' 鳥取 S31年
862 N2 木曽福島 S34年6月頃 町田市さるびあ図書館
881 K3' 門司 S28年4月
918 K1 門司 S27年8月
924 K9 長崎 S37年4月
949 K7 門司 S31年9月
1021 K7 門司 S32年7月
1022 K1 鳥栖 S27年9月
1038 K7 鳥栖 S31年以降
D50 62 K7 柳ケ浦 S30年頃
63 K7 柳ケ浦 S33年頃
64 K7 柳ケ浦 S32年10月頃 D6026に移設
90 K7 柳ケ浦 S34年5月頃 D50181から移設
105 K7 柳ケ浦 S29年4月
125 K7 柳ケ浦 S30年以降 D603に移設
129 K7 長崎
柳ケ浦?
S30年以降
131 N2 糸魚川 S34年頃
181 K7 直方 S29年11月 D5090に移設
227 N1 長岡第一 S33年
288 K3' 柳ケ浦 S28年3月以降
341 K3' 柳ケ浦 S28年10月頃
353 K7 柳ケ浦 S30年以降
374 K7 柳ケ浦 S27年以降
9600 9681 K7 若松 S31年11月頃
19626 K7 行橋 S32年以降
19634 K7 若松 S32年8月頃
19656 K7 西唐津 S31年11月頃
19680 K7 熊本 S46年頃 北海道転属後前部切り詰め
29656 K7 西唐津 S33年8月頃
29659 K7 西唐津 S30年2月 左右非対称デフ
29692 K7 西唐津 S48年3月頃 西唐津区で設置
79620より移設
最後の門デフ装備機?
39639 K8 行橋 S37年頃 行橋区でC50のK7を移設
39659 K7 後藤寺
西唐津?
S46年 C11116より移設
39681 K7 門司 S40年以降 後に撤去
39682 K7 行橋 S39年2月
49627 K7 直方 保存後’90〜92年ころ設置 福岡市箱崎貝塚公園
49692 K7 行橋 S38年5月 C51196より移設
59647 K7 行橋 S42年12月頃 38683から移設
一時期C5058の「波に千鳥」装飾デフを装備
直方市汽車倶楽部
59684 K7 行橋 S30年以降 田川市石炭・歴史博物館59684
69600 K7 宮地 S29年10月 58654に移設
69608 K7 西唐津 S47年9月頃 西唐津区で79624より移設
左側にツバメの装飾?
唐津市 東大里町 東唐津港岸壁
2007年解体
69642 K7幅広 後藤寺
行橋?
S45年5月 S40改造?
69657 K7 宮地 S29年度
S32年3月?
後に撤去
69665 K7 宮地 S38年頃 熊本区で39680から移設 熊本市熊本博物館 
79600 K8 行橋 S37年頃 C5037のK7を移設
後に撤去
79601 K7 西唐津 S47年1月頃 西唐津区で19656より移設
79602 K7 宮地 S35年9月頃 倶知安区移動後前部切詰
S51-3国鉄最後の稼動蒸気機関車となる
79620 K7 西唐津 S36年6月頃 29692へ移設
79624 K7 門司
西唐津?
S29年度
S41年?
69608に移設
79668 K7 行橋 S45年7月15日 C5058より移設
「波に千鳥」装飾
夕張28 K7
タイプ
S39年夕張鉄道へ譲渡
鹿ノ谷機関区製
国鉄49650
8620 8630 K7 弘前 S47年8月? 土崎工場にて78627より移
後に撤去
梅小路
28625 K7 早岐 S30年以降
28627 K7 早岐 S41年3月頃
28629 K7 早岐 S40年5月頃
28679 K7 西唐津 S30年以降
28691 K7 西唐津 S30年以降
38681 K7 西唐津?
38683 K7 早岐 S30年以降
48645 K7 伊万里
早岐?
S30年8月頃
48646 K7 伊万里
早岐?
S37年6月頃
48647 K7 伊万里
早岐?
S36年9月頃 C5120から移設
48679に移設
宮崎県高千穂町トンネルの駅
48676 K7 伊万里
早岐?
S36年10月頃
48979 K7 人吉 S48年6月頃 人吉区で48647から移設
48695 K9 人吉 S41年1月 C59124より移設、ステー継ぎ足し
58625 K7 豊後森 S30年9月頃
58642 K7? 伊万里 S30年以降
58648 K7 吉塚
早岐?
S41年1月頃 58696から移設
58654 K7幅広 西唐津 S35年8月頃 69600より移設
1988年復活時K7に変更
JR九州動態保存機 
58689 K7 豊後森 S31年6月 一時期「桐マーク」の装飾 三重町本城紫雲会内
2012年小倉工場に移動2014年解体
58696 K7 伊万里
早岐?
S37年頃 C51282から移設
58697 K7 伊万里
早岐?
S36年3月頃
68623 K7 豊後森 S32年7月頃
68637 K7 豊後森 S32年頃
68699 K7 豊後森 S30年9月頃
78627 K7 豊後森 S30年8月頃 弘前で廃車後8630に移設
78683 K7 豊後森 S31年2月頃
C12 241 K5 S48頃 C5765より移設
保存時に設置
高森町高森駅前
変形デフ機リスト
C12 39 片側のみ仮設(?)
C58 124 継ぎ足し(?)デフ
200 右側下部欠き取り左右非対称
365 左側のみ切り詰め 利府町新幹線総合車両センター
D51 2 左側長方形の穴 大阪交通科学博物館
89 右側下部欠き取り 豊橋総合動植物公園
681 戦時型デフ
688 右側下部欠き取り 岡崎市岡崎南公園
751 継ぎ足し(?)デフ
793 右側下部欠き取り 長浜市長浜鉄道スクエア
837 右側のみ戦時型 駒ヶ根市北の原公園共楽園
876 右側下部欠き取り
942 戦時型角型
1008 戦時型角型
1079 戦時型角型
1080 戦時型角型
1127 戦時型角型
D52 79 門司 S33年以降 両側下部欠き取り
379 門司 S30年以降 両側下部欠き取り
396 門司 S32年以降 両側下部欠き取り
415 門司 S34年以降 両側下部欠き取り
451 門司 S34年以降 両側下部欠き取り
9600 9678 大宮低背
9687 大宮 S42年12月 大宮低背 川口市春木町公園デフ無で保存
49649 大宮低背+北海道型切り詰め
8620 68656 低背

注1 C5833のG-2装備年度について
福村様より情報をいただきました。
「美幌で切り取りデフのC5833を撮影したのは1971年8月19日でした。
ブログの方に写真をアップしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/br1020er/25723142.html
そうしますと385号機からの移設は、運用から推定して1971年8月21日以降ということになります。(釧路区)
なお、385号機の廃車は、当方で主に「鉄道ピクトリアル」の移動記録を見て作っていたSL移動簿では、1973年10月と記載されています。(日付は不明)




TOP 蒸気機関車 〜1976 八高ヤードメニュー 掲示板

広告ポリシー