C57 151

鹿児島市郊外、指宿枕崎線五位野駅より2kmほど、
コアラ飼育で知られる鹿児島市平川動物園鹿児島市電510とともに保存。
撮影日 2009年6月17日




機関車の横にはC57151の搬入の様子、鹿児島県内の保存車、各地の動態保存車を紹介した案内看板があるが
南国の陽射しのせいかヤケて褪せてしまっている。


小工式デフ(通称門デフ、門鉄デフ)K−3を装備。
鉄道80周年記念展示機関車として1952年に改造、その際「富士と天女」の装飾も付けられた。




上屋付きで全体に状態は良好。




下回りはペイントされているが落ち着いた仕上がり。


区名板は「吉」


ステーの形状に特徴のあるK-3、このタイプは151号のみ。


先輪は前後で形状が異なっている。


園外からもアングルは限定されるが見ることができる。


機関車の横には石炭も展示されているがブツがなくなっていた。




以下7点木部様ご提供。
撮影日 2013年1月27日

「C57151は入場料必要なため、それなりに保存状態は良いようです。」












鹿児島市平川動物園
開園時間 9時〜17時(入園は16時30分まで)
休園日 年末年始
指宿枕崎線五位野駅より2kmほど
バス利用の場合は鹿児島中央駅、谷山電停、谷山駅前から鹿児島交通バス「動物園行き」(日中毎時3本)終点下車

この場所の地図


C57151履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編
および「門鉄デフ物語」関崇博氏より引用

1941-1-117 三菱重工神戸造船所 製番321
広島局配属
1941-1-11配置 広島局
1945-4-1現在 熊本
1952-10 小倉工場にて切取り式除煙板K-3装備 「富士と羽衣」の装飾
鉄道80周年記念機関車として展示
1953-7-1現在 熊本
1961-9 鹿児島
1963-9-29 熊本
1969-9-23全検
1970-9-22 吉松
1973-9-6休車
1973-11-8廃車 吉松

1974-11-26発行の「SLシリーズ切手第1回」には本機が登場している。

現役時の様子はこちら

門デフ資料館へ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー