D60 61

芦屋町高浜町公園に保存。
木部様3点ご提供


2012年に整備された。


小工式デフK-7装備、D60最後の現役機。




以下は2012年10月6日撮影

台風で上屋が壊れ露天になってしまったが、汽車倶楽部の手により2012年4月に修復された。




機関車の脇にはかつて存在した国鉄芦屋線の記念碑、使用機関車が8620なのにC28になってしまっている。


手入れの行き届いた現役機のような雰囲気。


デフステーには九州の機関車に良く見られたリンゲルマン煙度表が付いている。


機関車の周りにはフェンスがあり接近はできない。






2軸従台車と大きなキャブ、区名票は「若」


化粧煙突にK-7デフ。






公園のトイレ、SL-TOILETと名づけられたご覧の姿。




以下は2016年10月16日撮影

汽車倶楽部の手により定期的に整備されており、美しい状態を保っている。
キャブ周りに整備用の足場が組まれている。










無骨な大正機に軽快な門デフも似合っている。


この場所の地図
バス利用の場合は
遠賀川駅から芦屋タウンバス(毎時2本程度) 折尾駅から北九州市営バス(毎時1〜2本程度) 自衛隊前下車徒歩5分ほど

D6061履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1928-9 汽車会社大阪工場 製番1027 D50282
札幌局配属
1933-6-30現在 函館
移動時期不明 岩見沢
1954-11-24浜松工場改造 D6061
配置 大分
1964-1頃 小倉工場にて切取式除煙板K-7装備
1970-10-4直方
移動時期不明 若松
1971-4-16全検
1974-6-6休車
1974-8-20廃車 若松


門デフ資料館へ
TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー