D51777


刈谷駅より徒歩8分ほどの刈谷市交通児童公園に保存。
撮影日 2006年4月




上屋つきで整備された非常に美しい姿で保存。
定期的に保守されているようだ。


中津川時代の青ナンバーを再現している。


足回りもペイントされているが整備されている。ヘッドライトが黒でないのが残念なところ。






公園入口からも機関車が見える。D51の裏側には名古屋市電1603号が保存されている。
東海道線のすぐ脇だが、車窓からは公園は見えないが
東海道線をオーバークロスする名鉄三河線の車窓からは公園が一望できる。


公園は2009年にリニューアルされ機関車の場所は変わらないものの上屋は新しくなった。
以下は2012年8月11日撮影

D51の正面を模した案内看板。記載事項は以前のものと変わっていない。


上屋の柱は助士側になり、ホームは撤去された。


ライトケースと連結器が銀色というのは・・・


助士側にキャブ見学用の短いホームが設けられた。




下回りはペイントされているが鉄の質感が感じられる。


「中」の区名票を入れている。



刈谷市交通児童公園
開園時間 午前9時〜午後4時30分
休園日 水曜日 年末年始(12月29日〜1月3日)

この場所の地図

777号機は中央西線で活躍していたころ、デフにツバメマーク(の落書き?)
が付けられていたこともありました。
831列車さんご提供の当時の画像はこちら。

D51777履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1942-9-26 汽車製造大阪工場 製番2260
名古屋局配属
1942-10-6配置 多治見
1943-9-26 福井
1943-10-19 浜松工場
1943-11-13借入 敦賀
1943-12-22返却
1944-9-26 米原
1945-5-15借入 多治見
1945-10-31 多治見
1948-10-23借入 金沢
1948-10-31返却
1949-12-10名古屋
1954-11-15借入 多治見
1954-11-28返却
1957-10-6借入 中津川
1957-10-15返却
1959-12-12 中津川
1966-6-25借入 木曽福島
1966-7-5返却
1972-9-22 廃車 中津川

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー