D5270


御殿場線山北駅西側の鉄道公園に保存。
撮影日 2006年5月21日

2015年12月追記
山北町では2016年秋を目指して空気式で動態化することが発表されました。

2016年11月追記
2016年10月14日鉄道の日に動態化のお披露目がありました。








上屋付きで保存。御殿場線で活躍した機関車がゆかり地に保存された。




油が回った足回り。


区名票と行路票が入れられている。


信号機が2本傍らに立っている。


機関車の他にD52のものと思しき動輪や記念碑などがまとめられている。


山北機関区跡の碑。


こちらも山北機関区解散を記す碑。
公園として整備された折に機関区跡から移動したのだろう。


こちらは昭和30年ディーゼルカー運転記念碑。
最初のダブルエンジン気動車キハ50はここ御殿場線で運転を開始した。
キハ52、55、58に連なるダブルエンジン気動車の故郷だ。


鉄道院の文字が残るホーム(跨線橋?)支柱と荷物用秤。


公園の遊具も機関車を模したもの。


山北駅に到着する御殿場線電車。線路の後ろは桜並木。


長い山北駅のホームの先からD52が見える。
今は電車はホームのはるか手前に止まる。

この場所の地図

D5270履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1944-4-29(4-30?) 川崎重工兵庫工場 製番2974
配属 広島局
1944-5-12 配置 下関
1945-11-21 小郡
1946-1 新鶴見
1946  特休 新鶴見
1951-2-24 国府津
1953-5-7 装備改善 炭水車D52453のものと交換 浜松工場
1959-2-27 新缶交換 浜松工場
1968-8-8 廃車 国府津
1970 保存
2015-12 空気式で動態化するための予算が山北町議会で可決
2016-10-14 動態化お披露目


動態復活した様子はこちら

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板