ヘッドマークコレクション

列車の前頭部に掲げられるマーク、それがあるだけで特別な列車になる。
定期列車、イベント列車、保存車などのヘッドマーク、テールマークを紹介してゆきます。
定義としては行先表示以外の列車愛称名、車両愛称名、イベント名などを前面または後尾に提示しているものとします。

第147回 2018・8・19UP

弁財天






2016年5月3日 烏山線烏山

烏山線は宝積寺、大金という縁起の良い駅名があり、駅数が7駅なので各駅に七福神が配され
車両は8両なのでこちらも七福神に宝船のイラストマークが付けられました。
キハ40 1002には紅一点の弁財天、ヘッドマークだけでなく扉横にも大きなマークが付いています。
サボは七福神の乗った宝船。
烏山線は2017年3月で蓄電池式電車EV-E301系で電車化、
使用されていたキハ40の1002、1005、1007は那珂川清流鉄道保存会に譲渡、保存されました。


メニューへ  事業者別メニューへ

TOP 日本国有鉄道のころ 私鉄を訪ねて 路面電車が走る街 掲示板

広告ポリシー