ヘッドマークコレクション

列車の前頭部に掲げられるマーク、それがあるだけで特別な列車になる。
定期列車、イベント列車、保存車などのヘッドマーク、テールマークを紹介してゆきます。
定義としては行先表示以外の列車愛称名、車両愛称名、イベント名などを前面または後尾に提示しているものとします。

第206回 2019・10・6UP

九州横断特急


2014年4月19日 肥薩線渡
別府発豊肥本線・肥薩線経由人吉行きの特急。
2004年3月九州新幹線部分開業時に豊肥本線と肥薩線の列車を統合し登場。
肥薩線区間は後に分離、廃止され、列車としては別府〜熊本となったが
2016年4月の地震で阿蘇以東は長期運休となっている。
2連のワンマン運転だが、撮影時はアテンダントが乗務しており、切符の発売も行っていた。
車両は四国から来たキハ185系、水戸岡デザインでリニューアルされているが
ヘッドマークは文字だけのシンプルなもの。

メニューへ  事業者別メニューへ

TOP 日本国有鉄道のころ 私鉄を訪ねて 路面電車が走る街 掲示板

広告ポリシー