ヘッドマークコレクション

列車の前頭部に掲げられるマーク、それがあるだけで特別な列車になる。
定期列車、イベント列車、保存車などのヘッドマーク、テールマークを紹介してゆきます。
定義としては行先表示以外の列車愛称名、車両愛称名、イベント名などを前面または後尾に提示しているものとします。

第224回 2020・2・8UP

加越

1980年8月6日 北陸本線米原 加越
名古屋から関西旅行の途中米原で撮影、1975年雷鳥が湖西線経由となったため、
東海道新幹線から米原〜金沢・富山への列車として誕生しました。
当時としては比較的短距離のため、雷鳥、しらさぎにあった食堂車なしの地味な存在でした。
名古屋〜北陸のしらさぎを補完しましたが、のちにしらさぎに吸収されて消滅、
ヘッドマークは東尋坊でした。


メニューへ  事業者別メニューへ

TOP 日本国有鉄道のころ 私鉄を訪ねて 路面電車が走る街 掲示板

広告ポリシー