熱塩日中線記念館

廃線となった日中線の終着駅だった熱塩駅は整備されて記念館になっている。
かつての構内にはラッセル車キ287とオハフ61が保存されている。
2003年6月6日撮影




瀟洒な洋館風の熱塩駅駅舎


内部は現役のころより手入れされているのは皮肉なもの。


入り口の天井灯にツバメが巣をつくっていた。


北側のかつての引き上げ線先端付近にラッセル車と客車が保存されている。


ラッセル車 キ287


熱塩駅常備と表記されている。
保存にあたって書き換えられたのだろう。


オハフ612752


オハフは退色がひどく車体裾にもサビがでている。
荒廃気味だった保存車は2006年に整備された。


喜多方よりの農道には踏み切り警報機が2本
さながら門衛のように立っている。


ターンテーブル跡地と思われる円形の穴、なかには菖蒲が植えられている。


日中線現役時代はこちら

この場所の地図

ふくしまの近代化産業遺産より開館案内
月曜日休館 年末年始休館 開館9:00〜16:30
館内見学は事前に電話連絡が必要。
電話番号0241-36-2117

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東北 掲示板

広告ポリシー