ペルシア湾通信
2004年6月29日

ホンモノを探せ!イラン本土編 しょにょ7

写真1、はタイからの輸入衣料の店のショウウィンドウですが、
全く唐突に意味も無くこのようなディスプレーがされていました。



 写真2、はニセLG。韓国LGはイランではかなり積極的で、既に最新型の製氷機付き
大型電気冷蔵庫や液晶画面の33インチテレビなどをテヘランでCKD生産しています。
その為に、LGはイラン人にとっては「国産」という意識が浸透しているので、
良く見るブランドの割りにニセモノは少ないんです。



 ところが、これはしつこくて「日本製」ってなってるんですよ。
韓国LGの日本製ってどう考えてもヘンなんですけど、こっちの人は騙されて買っちゃうんですよね。

 写真3,4,5,6、は「中国製日本製品もどき」。サヨナ・ソナシ・ニクラ・ミヨタ。
 しかし、笑ってられないのは、この1,2年でこれらのメーカーの品質向上が目覚しい事です。
結構高級感のあるDVDプレーヤーが3000円!なんてんですよ!
日本製だったら4万円台に見えちゃいます。
特に「ソナシ」と「コンカ」は既に「もどき」を脱して
私の目から見ても日本製品と変わらない水準まで来てると思われます。




 写真7、はその「もどき」を脱しつつある中国「ニカイ」の更にニセモノの「ニッカイ」。
そろそろ中国国内でもこうした現象が始まりましたねって感じ。



 写真8、は子供用自転車「スズカ」。考えてみれば世界に有名な鈴鹿サーキットの
名を冠した日本製オートバイが無いのが逆に不思議ですねえ。




TOPへ 前へ 次へ

広告ポリシー