旧太子駅
大井川鐵道Cワフ2・3

長野原線終点の太子駅は廃止後もそのまま放置されていたが、
2014年より中之条町により整備が行われ、2018年復元駅舎完成、
展示車両として大井川鐵道のワフ2両が搬入された。
その後も貨車保存車が増えている。
撮影日 2019年8月2日


本線とナローベージ並みの車体限界の井川線との直通用に使われたワフ。
それぞれの仕様に合わせた自動連結器が2つ装備されている。
形式はCワフ0で、0が形式なのはこれが最初なのではなかろうか。
Cは井川線を所有する中部電力所有車の記号。


手前がCワフ2、奥がCワフ3。


Cワフ2

車輪、窓と比較して車体がかなり小さいことが分かる。
連結器は井川線用の低い位置のもので、本線用は取り外されている。






車体限界が狭いため、軸箱が車体の外に飛び出している。


Cワフ3

ワフは両側に扉があるものがほとんどだが、片側のみで妻面の窓もない。






模型のようなガニマタ感。







この場所の地図
バス利用は長野原草津口より中之条町営バス
大杉または太子下車

中之条町観光協会 太子駅跡ページ
休館日 12月31日 1月1日
開館時間 10時〜16時
入館料 200円


太子駅跡メニューへ

大井川鐵道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー