佐渡金山の保存車 その1

世界遺産登録を目指す佐渡金山には2つの見学コースがあり、
明治以降の道遊坑には坑道内、屋外に保存車が点在している。
撮影日 2018年12月5日


相川から金山に向かう道すがらの北沢浮遊選鉱場跡。
中央のレンガ建ては発電所、インクライン跡が右手に見える。


金山への道路はかつての鉱山軌道に沿っており、廃トンネルもいくつか見られる。


道遊坑はほぼ全コースにレールが残っている。


しばらく進むと2tバッテリー機関車と坑車が展示されている。




No5と記されたバッテリー機関車。












2つのレールが合流する先には


採掘現場が再現されておりバッケトローダーと鉱車を展示、左のレールは坑道の奥へと延びている。


坑道を出ると機械工場、バテロコや各種車両が並んでいる。


道遊坑の坑口。


右の建物が機械工場、建物脇に車両が並んでいる。


2tバッテリー機関車No8と2両の人車。








ニチユの銘板、年号は昭和48年?





1両目の人車には鐘が付いている。















バッテリー機関車No7と修理用機材を積んだ台車。





















次へ

この場所の地図
バス利用は両津港から佐渡金山行き、または相川行きで終点下車、金山方面行きに乗り換え。
小木港からは相川行きで終点下車、金山方面行きに乗り換え。

定期観光バスコースに金山見学が入っているが、江戸時代の宗太夫坑コースのみの場合もあるので注意。

佐渡金山公式サイト
年中無休
営業時間
4〜10月 8:00〜17:30
11月〜3月 8:00〜17:00
入坑は終了30分前まで
料金
900円
宗太夫坑とのセット券1400円

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー