福島交通軌道線 1116

かつての軌道線のジャンクション、あぶくま急行保原駅から1kmほどの伊達市保原中央公民館裏手に保存。
撮影日 2008年9月4日

2014年10月追記
福島市の協三工業へ修復のため搬出されました。

2016年11月追記
2015年4月修復が終了し、以前の場所から50mほど移動した県道脇で公開されました。




全く手入れされていないボロボロの状態。



 






窓ガラスが破れた箇所より手を入れて撮影。


この路線の特徴、貨車を引くための朝顔形カプラーと明治・大正期のような救助網。




公民館、体育館という人の集まる公共施設の横だが、目立たない場所のため放置されているのだろうか。

この場所の地図(整備の上50mほど移動)

2015年整備、移動後の様子はこちら



最寄り駅のあぶくま急行保原駅はレトロ調の駅舎。


訪問後ボランティアグループ「だて路面電車保存会」さんの手により修復がはじまりました。
活動報告Blog「よみがえれ路面電車」をぜひご覧ください



福島交通軌道線の現役時代の様子はこちら

伊達市公式サイト内にも軌道線の歴史を紹介するページがあります。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東北 掲示板