伊予鉄道 2010・12 
その6 坊っちゃん列車乗車

道後温泉から坊っちゃん列車に乗車、松山市へ。
撮影日 2010年12月22日


発車を待つ坊っちゃん列車。
機関車に客車2両の3両編成とはいえ、路面電車1両分ほどの長さしかない。


先客がいたので狭い車内ではカメラを振れずこんなカットのみ。


ヒョーという汽笛、チュクチュクと排気音を鳴らして街中を行く。
2100形がちょうどキャブ窓に納まった。


運転頻度が高い松山市内線、先行車に追いついた。




松山市に到着、すぐに切り離し作業が始まる。
バッファーにピンリンク式カプラーと手前のジャンパ線の対比が面白い。


解放を確認、ジャンパ線は急カーブ対応でかなり長い。


機関車は転向のため渡り線中央に移動。


機関車の下に支点が出てきて車体を持ち上げ、あとは人力でエイヤっと回す。




長さはホーム間ぎりぎり、うまいこと収まったものだと思う。




レール上に戻って前方へ移動。


次ぎは客車の移動、これももちろん人力。


渡り線へ。




機関車に連結して発車ホーム奥へ移動。この間およそ4分ほど。
頻繁運行の電車の合間の作業だ。


次 松山市駅〜南堀端へ

保存車メニュー全国へ 保存車メニュー中国・四国へ

TOP 伊予鉄道メニュー 路面電車の走る街 私鉄を訪ねて 掲示板

広告ポリシー