蒲原鉄道 ED1 モハ31

本社、車庫のあった村松駅跡に保存。
撮影日 2007年9月5日

モハ31は2008年7月に現地で解体、ED1は2009年6月冬鳥越に移設。


かつての線路敷跡に保存されているが、案内看板などなく、夏は草が茂り放題。


左手奥のバス先が村松駅、今でもバスターミナル村松駅を名乗っている。


ウエスチングハウス/ボールドウィン製のコピーを言われる日車製。
蒲原鉄道自社発注の機関車だ。




モハ31は15m級蒲原鉄道オリジナルの電車、廃線まで活躍した。

 






コンビニ裏手、駐車場の奥の目立たない場所に置かれている。


村松駅の表示と社紋が誇らしげな本社兼村松駅。
画面左手奥に保存車が置かれている。


以下は2008年5月11日撮影








機関車、電車とも状態は変らないと思っていたところ、
この2ヵ月後の2008年7月にモハ31は解体されてしまった。
ED1はどうなるのだろうか・

追記 ED1は2009年6月、モハ1、モハ61が保存されている冬鳥越スキーガーデンに移設された。

この場所の地図(解体、移設で現存せず)

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー