京王れーるランド

多摩動物公園駅前の保存館。
京王電鉄開業100周年を記念して2013年10月にリニューアルされ、実物車両5両が展示された。
撮影日 2014年3月18日


多摩動物公園駅改札を出ると向かいに車両展示場、右端に多摩モノレールの高架が見える。


デハ2410、デハ2015、クハ5723、クハ3719、デハ6438の5両が並んでいる。


いずれも現役引退時の姿で、デハ6438はワンマン仕様、クハ3719はパノラミックウインドウの更新車。


デハ2410

デハ2015

クハ5723
画像追加

クハ3719

デハ6438

クハ6772
カットボディ


1067mmと1372mmの違いが良く分かる車輪の展示。


モーター、パンタなども展示。


パンタはスイッチで上昇、下降操作ができる。


バス関係の展示。


小型バスも展示されている。


2019年10月アネックスがオープン、クハ8809、クハ7706のカットボディが設置された。





入館(有料)すれば運転台内も見られる。
クハ8809は中間車改造により切り取られた部分、クハ7706は7000系として最初に廃車になった編成。


この場所の地図

京王れーるランド公式サイト
開館時間 9:30〜17:30(入館は17:00まで)
休館日 水曜

京王メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東京 掲示板

広告ポリシー