木曽森林鉄道
DBT113 B7型客車 運材車

長野県池田町の県道沿い、池田町道の駅斜め向かいの「おやき村」に保存。
撮影日 2008年7月2日

2013年4月追記
2013年に那珂川清流鉄道保存会に移転しました。


赤沢記念館がSLブームの影響で開館したという表現は違うと思うのだが・・・


機関車+客車+材木を積んだ運材台車と編成を組んでいる。




木曽森林大滝線の主力機関車だったB型機。


塗装は現役時のマルーン・クリームから錆び止め塗料のような色になっているが、これはこれで似合っている。


L型機はボンネット側が正位が多いが、この機関車は湘南顔のこちらが正面。






運材台車にハコを乗せたB型客車。






小さい車体ながらも荷物棚もある。


機関車に引かれて揺られている気分になってくる。


運材台車が保存されている例は多いが、材木を積んでいるのは珍しい。









営業時間外でも車両の見学は可能。

おまけ

「おやき村」から100mほど北の県道沿いのワラ1、ワム60000の倉庫群。

この場所の地図(移転済み)

バス利用の場合は、明科・穂高・安曇追分から池田町営バスでハーブガーデン下車。
信濃松川からバスの場合は一丁目下車で2kmほど。


木曽森林鉄道現役時代の上松ヤードの様子はこちら

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー