くりはら田園鉄道
くりでん資料館

くりはら田園鉄道若柳駅に隣接している本社2階に設けられた資料館。
平日の16時まで公開している。(2007年3月鉄道廃止後の状況は不明)
※廃止後の状況について掲示板に情報をいただきましたので本ページ末尾に転載させていただきました。
撮影日 2004年9月15日


本社社屋といっても元社員寮だったのではないかと思われる
木造モルタルのアパート風建物。
栗原電鉄の文字が社屋を主張している。


元会議室らしい一室にありとあらゆる部品、資料、、写真などが展示されている。


まるで青電話のような閉塞機。


週に一度社員OBの方が整理をされているとのこと。


廊下に置かれたガラスケースにも各種文献、記念切符、部品などを展示。
「栗駒フラワー号」は国鉄から直通運転されたDC列車のサボ。


若柳の構内には使われなくなって久しい電車がそのまま置かれている。


こんな貴重品も、いまだ現役の1914年製木造緩急車ワフ74。


こちらは1907年製のト103、102 明治の貨車がいまだ健在!

1976年の栗原電鉄はこちら

宮城県庁公式サイト内にあったくりはら田園鉄道公式サイトは2007年3月鉄道廃止、解散に伴い閉鎖されました。
NPO団体くりでん応援クラブ公式サイトは2007年4月現在公開されています。(その後閉鎖)
くりでん応援クラブ公式サイト2007年4月10日のアーカイブス(画像の一部は表示不可)
くりでん資料館の現状については不明です。

沢辺鐵好さんより掲示板に2009年4月現在の状況を書き込みいただきました。

「くりでん資料館ですが、現在の状況を報告します。

宮城県庁公式サイト内にあったくりはら田園鉄道公式サイトは2007年3月鉄道廃止、解散に伴い閉鎖されました。
NPO団体くりでん応援クラブ公式サイトも廃止とともに解散しました。

現 在は清算法人くりはら田園鉄道(元くりはら田園鉄道株式会社)となって、清算事業を行っております。09年4月現在、清算法人の解散までに残り11ヶ月と なりましたが、2階にあるくりでん資料館や駅構内見学・撮影等を行われる際は必ず、お手数ですが元・本社1階の清算法人くりはら田園鉄道にお声をお掛け頂 いてから、撮影なり見学されて下さい。

現在清算事業は、駅舎・設備の解体や踏切を道路化が中心です。
いずれ車両の解体の恐れがありますので、清算法人が解散される2010年3月までに行ける方はいらっしゃって下さい。」

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東北 掲示板

広告ポリシー