京都鉄道博物館
521-1

山陽新幹線で時速300km運転を行ったスピードキング。
未来的な先端形状は今なお人気が高い。
撮影日 2016年7月27日



博多方先頭車、高速走行にそなえノーズ部分は15mにもおよぶ。






クハ489、クハネ581と並んで展示、先頭部分の絞りが車長の半分以上なのが分かる。

京都鉄道博物館メニューへ

京都鉄道博物館公式ページ
TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板

広告ポリシー