リニア・鉄道館
21-86+36-84

東海道新幹線開業時からの顔、リニア・鉄道館には4両保存されている。
先頭車21形と食堂車36形はメインホールに、グリーン車16形とビュフェ車37形は収蔵庫に展示。
21形は新大阪方先頭車で、大宮、京都の両鉄道博物館にも展示されている。
撮影日 2011年10月5日


0系は20年に渡り製造された、本車は広窓の1970年製、1991年廃車後浜松工場に保管。
東京方先頭車22-86は本車移設後も浜松工場に保管されている。






3+2の転換クロスシートが並ぶ。





1975年博多開業時に登場した食堂車。36形の保存車は本車のみ。




廃車時はJR西日本所属だったが、譲渡、展示にあたり妻面の銘板は「日本国有鉄道」に復元された。




側廊下式で食堂内は1+2のテーグル配置。



リニア・鉄道館公式ページ


リニア・鉄道館メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー