リニア・鉄道館

あおなみ線終点、金城ふ頭駅前に2011年開館したJR東海の展示館。
大宮、京都は博物館だが、ここは博物館にはなっていない。
2009年に閉館した佐久間レールパーク美濃太田の保管車を中心に
浜松工場保管車、東海地方の保存車などが集められた。
撮影日 2011年10月5日


入館すると世界最速を記録した3両が並んでいる。


ケ90

C57139

C6217

ED112

ED182

EF58157

マイネ407

オロネ1027

オハ35206

スハ43321

スニ3095

オヤ3112

ホジ6014

キハ48036

キハ8273

キハ181-1

モハ1035

クモハ12041

モハ52004

モハ63638

クハ111-1

クモハ165-108

サロ165-106

クハ381-1

クロ381-11
2019撤去

クハ117-30
+モハ117-59
+クハ116-209
クハ117のみ現存
画像追加

21-86+36-84

16-2034
37-2523

922-26

123-1+168-9001

322-9001

323-20
撤去

723-9001

783-9001+786-9201
+775-9001

955-6

MLX01-1

国鉄バス1号

TR70台車


東海道・山陽新幹線の歴代車両が並ぶ。


大宮、京都、リニア館の3館に保存されているのはEF58、C57と新幹線0系。
(0系は形式では21と22に分かれる。)


奥の収蔵庫には歴史的な価値のある車両が並ぶ。








381系とモハ52は最高速度記録形式。






収蔵庫の車両の間には双頭レールの展示。
のちにここに3軸台車TR70が展示された。


D51 動輪、松葉スポークなど。






0系車輪。


手前は0系用、奥は300系用台車。


2階の歴史展示室




以下は2020年8月13日撮影

新幹線0系運転台、通常は操作できるがコロナ対策で閉鎖されていた。


通票閉塞器、駅名プレートは外されている。


展示室の100系、0系さよなら運転のお鼻。


収蔵展示室ではヘッドマークを展示。


キハ80系ひだ・南紀の絵入りマーク。


HO大レイアウトは名古屋を中心に東海道新幹線沿線風景を再現している。
C11がいる新橋駅を313系が通過するのもここならでは。

リニア・鉄道館公式ページ


TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー