リニア・鉄道館
キハ181-1

1968年よん・さん・とおダイヤ改正で中央西線に登場した大馬力特急形気動車。
「しなの」電車化の後は四国に移動、廃車時にJR四国からキハ180-1とともに譲渡され美濃太田に保管されていた。
リニア・鉄道館開館時にキハ181-1のみ移設、美濃太田に残ったキハ180-1は解体された。
撮影日 2011年10月5日


「つばさ」で気動車初の120km/h運転を行った形式。


キハ82を引き継ぐ前面形状だが、ライト周りなどが変わってごつい印象。




前面横の塗分けも直線的。






リニア・鉄道館公式ページ


リニア・鉄道館メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー