リニア・鉄道館
ED112

東海道線電化用に1923年アメリカGE・アルコから2両輸入、1は西武鉄道に譲渡され、廃車後は横瀬で保存
2は1960年浜松工場の入換用として車籍のない機械扱いで残り、1979年にED182に変わった後も
浜松工場に保管され、佐久間レールパークに保存、リニア館開設で移設された。
撮影日 2011年10月5日


工場入換機に転用されたため奇跡的に残った機関車。


後に輸入されたED14とほぼ同じ車体だが、足回りが異なる。


側面の十字窓が特徴。














以下は2020年8月13日撮影







履歴
レイル・マガジン2008年10月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1922-10 ALCO/General Electric 製番8701 国鉄1011
1923-2-26 横浜港到着
1923-4-16大宮工場試運転
1923-9-31配属 東京局
1923-11-2品川電車区(仮配置)
1924-2-26配置 東京
1928-10-1改番 ED112
1933-6-30現在 八王子
1947-10現在 伊東
移動時期不明 国府津
1951 標準化改造 国府津
1956-4浜松工場
廃車 移動機械扱
1979 使用停止 その後も浜松工場で保管
1991-4-21保存 佐久間レールパーク
2011-3-14移転開館 リニア・鉄道館

リニア・鉄道館公式ページ


リニア・鉄道館メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー