大阪メトロ
森之宮検車場の保存車

地下鉄3008

1970年大阪万博輸送のために大量製造された30系は、ステンレス車、アルミ車がいた。
3008号はアルミ車の最初の編成。
3042に改番され廃車後森之宮検査場に保管され、登場時の姿に復元された。
撮影日 2019年5月3日

2020年4月追記
緑木に移動した模様。




ラインカラー帯を外し、貫通扉を小窓に交換、ナンバーも戻された。


ステンレス車と共にシルバーカーとも呼ばれていた。


東急7000系とともに工程簡略化のため屋根が単一カーブとなっている。


30系プロトタイプの元7001の3062と連結して展示。
















森之宮の保存車メニューへ

大阪市交通局・大阪メトロメニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板

広告ポリシー