大阪メトロ
森之宮検車場の保存車


地下鉄森之宮検車場には保管庫に市電801、トロリーバス255と市電台車、コントローラーなどが展示されている。
また地下鉄50系、30系ステンレス、30系アルミ、60系の先頭車、市電2201も保管している。
緑木の市電保存館がほぼ年一回公開されているが、森之宮の公開は少なかった。
民営化1周年イベントとして2019年5月に事前応募抽選制で公開された。
撮影日 2019年5月3日


市電801

市電2201

トロリーバス
255

市電台車

5085

3008

3062

6014


公開エリアは屋外展示と地図左端の保管庫。


保存車一覧の市電6両とニュートラム101-06は緑木検車場で保存されている。


入口正面に市電2201と地下鉄6014が見える。


淀屋橋のバス停ポール。


クラシカルな上本町六丁目電停ポール。




構内移動用アント




地下鉄の中間連結器は棒連なので、双頭連結器を備えている。




電力区の保線用モーターカー。








墨跡が見事な保線区看板。


中央線の20系が出庫。


サードレールの展示。
驚いたことにサードレールは磨耗がほとんどないため寿命が長く、御堂筋線開業時の戦前製が現役という。


保管庫にはトロバス、市電801、台車が並んでいる。
台車の場所には以前は市電2201が置かれていた。


庫内には部品、模型など多数展示。


1988年保管庫完成時の搬入風景。


地下鉄、市電の部品が説明も無く並んでいる。




60形ローレル賞プレート。


市電1600の大型模型。




おそらく現車とほぼ同時に製作された模型と思われる。


トロバス101形模型。




両開きドア一式。




大阪市交通局・大阪メトロメニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板

広告ポリシー