立山砂防軌道 5-TLD-251

立山駅前の立山カルデラ砂防博物館自由観覧ゾーンに保存。
撮影日 2008年8月27日




2階SOBO展示室に模擬人車を引き連れて展示されている。




機関車は建築機械扱い、頭の5はH5年配備の意味のようだ。


模擬人車は実物よりも一回り大きい。機関車からの前面展望ビデオが見られるコーナーもある。
ガイドさん曰く「実際乗るよりも沿線の様子はこのビデオのほうが良く分かります。」


軌道の説明やスイッチバック模型なども展示。
レール展示は右から4つが砂防軌道用、左4つは普通鉄道用。
現在軌道は左から4番目の15kgレールが全線使われている。

立山砂防軌道2008・8 次へ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー