鉄道博物館
歴史年表コーナー

鉄道博物館ヒストリーゾーン(現車両ステーション)2階のコーナー。
明治初頭の鉄道開業前から2007年開館時までだったが、数年分の延長分が確保されていた。
2018年南館開館にあたり歴史ステーションに展示品の大半は移動、
車両大型模型を展示する鉄道車両年表コーナーになった。


ロコモーション号、新橋駅模型から始まる。


開業時の鉄道員制服、1号機関車、鉄道開業の勅語。


双頭レールを使った新橋〜横浜間開業当時の線路実物。


鉄製枕木を使用した京阪神間開業時の線路実物。


甲武鉄道御殿トンネルに設置された兜の扁額。


鉄道連絡船はコーナーにまとめられている。


国鉄バスも開業時とハイウェイバスの模型が並ぶ。


東京駅。


万世橋駅模型。


幹線電化で大型電気機関車が登場。


流線型時代。


展望車模型、朝鮮・満州へのポスター。


戦時輸送の展示物はあまりなく、占領期のGHI専用列車のテールマーク。


特急復活、東海道電化、交流電化の時代。


ディーゼルカーの躍進からビジネス特急「こだま」の時代へ。

モハ90(クモハ101)模型と151系旧番号板。


151系は木形模型のみ。


修学旅行用155系。


新幹線開業。






1970年代にはこの時期廃止された都電関連品も。


ブルートレイン、絵入りヘッドマークと最後の蒸気機関車3両のプレート。


橋上駅化した与野駅模型。


国鉄からJRへ。




JR化後の車両模型。


最後は山形新幹線新庄駅模型。


展示コーナーを485系と400系が走行、2007年以降の展示スペースも用意されていた。

鉄道博物館公式サイトへ

鉄道博物館メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー