鉄道博物館

大宮鉄道博物館の展示車両を紹介するページです、順次公開してゆきます。


150
1号機関車

1292
善光

7101
弁慶

9856

C515

C57135

D51426
カットボディ

DD131

ED4010

ED171

EF551

EF5889

EF6611

ED75775

初代1号御料車

初代2号御料車

7号御料車

8号御料車女官室

9号御料車

10号御料車

12号御料車

コトク5010
開拓使号

オハ3126

マイテ3911

ナハネフ221

キハ41307

キハ11 25

デ968
松本電鉄ハニフ1

ナデ6141

クモハ40074

クモハ101-902

クハ167
モックアップ

クモハ455-1

クハ455-2+
モハ454-4

クハ181-45

クハ481-26+
モハ484-61

ランチトレイン
183・189系

クハ103-713
カットボディ

209系
車掌シミュレーター

東海道新幹線
21-2

21-25
カットボディ

222-35

E153−104

411-3

E514
モックアップ

コキ50000

レムフ10000

人車レプリカ

陸軌車

国鉄バス第1号
リニア・鉄道館に
移動

歴史年表コーナー

プロムナード
エントランス

コレクションギャラリー

鉄道博物館5周年


ヘッドマークコレクション
東海道全線電化開通 つばめ 鉄道博物館貸切イベント


ヒストリーゾーン(現車両ステーション)は中央のターンテーブルを取り巻いて各種車両が展示されている。
入口側は鉄道黎明期から戦前の車両が並ぶ。


画面右側の国鉄バス1号車は2010年にリニア鉄道館に移動した。




反対側は戦後の車両、上野駅を模したホームには481系と455系が並ぶ。


ターンテーブルは基本的に1日2回展示回転する。






モハ484の脇には固定クロスと簡易リクライニングシート。


特急車両のモックアップ。


クロ151パーラーカーのシート。
床にはシートサービスのラジオ用イヤホンを電話受話機。


クロ151は模型で展示。


3軸ボギー台車TR73。
青梅鉄道公園で保存されていたがその後解体されたスシ28 102が履いていたもの。


交通博物館に展示されていた鉄道連絡船の大型模型も展示。
鉄道連絡船以外の船舶関係のものはどこにいったのだろうか。


木造電車の出で立ちを伝える大型模型。


交通博物館時代からの木造客車実物大レプリカ。




通票閉塞器、八戸線のもののようだが、2台とも階上方になっている。


日本初の営業電車、京都電気鉄道の単台車、背景には実物大車体のイラスト。


交通博物館からの展示物。
コントローラーを操作すると前のDT24装備のモーターが回転する。





2007年11月27日 3階新幹線ラウンジ、新幹線、ニューシャトルがよく見える。


2011年11月13日 さいたま市誕生10周年記念マークを付けたC57135


2011年8月4日 たからのヘッドマークをつけたEF6611

鉄道博物館公式サイトへ
TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー