地下鉄博物館の保存車

東西線葛西駅に隣接する地下鉄博物館
歴史的な車両が保存されている。
撮影日 2006年4月20日






入口を入るとすぐに丸の内線301がお出迎え。




独特の車内色、つり革は当初のリコ式ではない。


車内に掲示してある丸の内線新宿開業時の路線図。
当時の切符はこちら。




地下鉄の第1号車 銀座線1001号。


集電靴を取り付けた台車。


TとCを図案化した東京地下鉄の社紋。


関節照明の車内。当時の服装のマネキンの乗客と車掌さん。


ホームも戦前の雰囲気を出している。




銀座線129号は東京高速鉄道時代の塗装。


1/3ほどのカットボディ。


東京高速鉄道の社紋。


129号の運転台でマスコンを回すと
前に展示してある台車のモーターが回りツリカケ音を楽しめる。


運転台後のドアもドアスイッチで開閉できる。




軌道モーターカーも保存されている。こんなところでバッファーが健在だった。


この手の車両は普通片運転台だが、狭いトンネル内で使われるため両運転台となっている。


地下鉄博物館2016・7へ

営団地下鉄・東京メトロメニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東京 掲示板

広告ポリシー