横浜市電保存館 2013リニューアル後
1104

1936年製造、一部座席にクロスシートを設けたよき時代の電車。
戦後はワンマンカーに改造され市電全廃まで活躍した。
撮影日特記以外 2013年8月1日










車内では職員さんが方向幕の調整中。




軽快な汽車会社製LH台車。




ワンマンカーといっても当時の料金箱はいたって単純。


今回のリニューアルでは室内も徹底的に手が入れられ、床は木目が見えるほどに積年の汚れが落とされた。


この角度だと前面の傾斜が分かるだろうか。


以下は2017年9月23日撮影
横浜市電保存館では磯子区政90周年を記念して、2017年9月23日〜10月31日に保存車貨車10号に全廃時の花電車装飾を復元、
3両の電車に区内の小学校、中学校、高校の生徒によるオリジナル花電車の展示を行った。
1104号は横浜学園高校の美術部が担当、プロとみまごうカッティングシートを使った装飾を行った。

開港から今日までの横浜の歴史をイラストで表現。




江戸の名残の飛脚のイラスト。




側面には広重の東海道五十三次神奈川宿や蒸気船。






反対側には新幹線も、東海道ではなく北陸のE7に見えるが・・・


車内吊広告には装飾電車の歴史、記事は2600形に触れているが写真は単車なので誤解されないだろうか。



横浜市電保存館2013リニューアル後

横浜市電保存館公式サイト

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板

広告ポリシー