三岐鉄道西藤原の保存車
ED22 2

沿線に車輌の保存を積極的に行っている三岐鉄道。
終点の西藤原には当鉄道で活躍した機関車たちが展示されている。
大安駅近くの中央児童センターに保存されていた本機がいぶき502に変わって2016年整備の上移設された。
撮影日 2016年8月19日


保存車が3両並ぶ西藤原駅ホーム。


ボールドウィンの銘板。








ED22は信濃鉄道が1926、1927年に3両製造、戦時買収により国鉄へ、その後3両ばらばらに譲渡されたが
2017年現在、1が弘南鉄道で現役、3がアルピコ交通新村車庫で保存と3両とも現存している。


軽快な台車を履いている。






以下3点ギアさんご提供、2016年10月15日撮影





ED222履歴
「機関車表 フル・コンプリート版」沖田佑作氏より引用
1926-3 Baldwin/Westinghouse 製番58449/
信濃鉄道2
1937-7-1買収 国鉄2
1938改番 ED222 配属名古屋局 配置 南松本
1943-7-12 甲府
1944-1-31現在 中部天竜支区
1947-5-1現在 豊橋
1952-9-4借入 城川原支区
1954-5-26借入 北陸鉄道
1954-12-29借入 西立川
返却
1955-8-1現在借入 三岐鉄道
1956-2-1廃車 豊橋
1956-8-3譲渡 三岐鉄道
1984-8-26さよなら運転
1984-9-28廃車
1985-1保存 大安町
2014-8移動 保々車両区
2014-6保存 西藤原駅

三岐鉄道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板