三岐鉄道西藤原の保存車

ここ数年車輌の保存に力をいれている三岐鉄道。
終点の西藤原には機関車が展示されている。
また丹生川駅には「貨物鉄道博物館」が2003年9月に開設され
各地の鉄道から貴重な貨車が集められ修復、展示されている。


2016年8月19日
構内にはウェステリア鉄道という5インチゲージの運転場があり毎週日曜日に運転されていたが
施設老朽化などで2015年3月で終了した。


E102

いぶき502

三岐通運DB25

ED222

3両の保存車のうちいぶき502は保々に移転の後解体された。
その後いなべ市中央児童センターに保存されていたED222が2016年6月に移設された。

以下2006年1月1日撮影

西藤原駅舎も汽車を模ったもの。


待合室には巨大なビッグボーイの模型が展示されていた。


以下2016年8月19日撮影

保存車は少々汚れが出ていた。






以下は2021年4月2日撮影



三岐鉄道直営のミニ鉄道は運行を止めたが、2019年から桑名工業高校が
桑工ゆめ鉄道として月一回運行をしている。(感染症対策で中止あり。)






車輪がひとつ、以前は前に案内板があったのだろうか。


こちらも案内板がないが、762mm、1067mm、1435mmらしいレール展示。




この場所の地図
マップコード290 312 023*21

三岐鉄道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー