神岡鉄道「おかえりなさい!おくひだ1号」
その2 到着式

神岡鉱山口から奥飛騨温泉口へおくひだ1号は約1時間かけて走行、
出発時は関係者のみ乗車だったが途中神岡大橋から招待者も乗車、人があふれる奥飛騨温泉口に到着した。
撮影日 2017年4月8日


神岡鉱山口で出発式を見送った後はタクシー相乗りで奥飛騨温泉口へ。
到着式の準備が進んでいた。


出迎えるこども駅長さんたち。


カーブの向こうからおくひだ1号が顔を出した。


ゴールテープを切って無事到着。


出迎えの人たちに囲まれる。




ホームの下には廃止された駅への案内看板が展示されている。


到着式の後、しばらくホームで展示、その後神岡大橋まで数往復した。


駅から0.5kmほど移動、神岡大橋に向かう列車を狙う。


帰りのバスの時間があり、撮影はこの1本だけで終了。
おくひだ1号はレールマウンテンバイク営業期間は奥飛騨温泉口駅に展示。
レールマウンテンバイクが冬季休業するときには、またこの道をたどり神岡鉱山口へ戻るという。

神岡鉄道メニューへ


奥飛騨温泉口の保存車メニューへ

TOP 私鉄を訪ねて 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板